2021.9.19

News/ Art work

パリに新たにOPENした『UNIQLO RIVOLI(ユニクロリヴォリ)』にて、巨大なアートインスタレーションを清原織物のテキスタイルで制作させていただきました。

こちらは日本とフランスの架け橋となるよう、京都とパリのクリエイター集団がコラボレーションした作品です。

フリージアの花の部分には、ユニクロのリサイクルプロジェクトにより集められた衣服を、一枚づつ15mm巾に裂いていき、糸の代わりに織り込んでいます。

Photographies © Anthony Marques – Graphies.fr

これは日本の東北地方でみられる「裂き織り」という技法を応用したもの。古着を捨ててしまう前に、敷物や他のものに作り変えて、長く使い続ける日本古来のアップサイクルです。

また世界無形文化遺産登録された「美濃和紙」で制作した和紙の糸を要所で織り込みました。

こちらは世界初となるリサイクル和紙の糸を使用しており、「裂き織り」と合わせて同社のサステナビリティの活動を表現したものになっています。

— 復活させた巨大な織機について —

今回の作品は国内最後の一機になった、横幅15mの巨大な木製織機で織り上げました。

この織機は八代目岩次郎が約70年前に建造し、この数十年間、休眠状態だったものを十一代目聖司が復活させました。ギシギシを音を立てながら動く様子は、生き物のようでもあります。

この旧型の織機を使って、過去と現在をつなぎ、古代エジプトやフランスを源流とする綴織の歴史をバトンを、日本から送り返すことができた事は非常に喜ばしいことでした。

/Art installation :
「Brillances Urbaines (街の輝き)

photo:©Anthony Marques

Back to
Top